汎用セレクタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツで検索
投稿タイプ・セレクタ
利用者マニュアル

アニメーション・アシスタント

目次

ストーリーボードまたはタイムラインで1つまたは複数のレイヤーを選択します。次に Animation Assistant… から Slideshow メニューでアシスタントを開きます。

アシスタントは、いくつかのオプションから選択することによって、選択したレイヤーにアニメーションを適用することができます。画像、ビデオ、テキストレイヤーなど、それぞれ異なるタイプのレイヤーに対して、個別にアニメーションオプションを選択できます。通常、このアシスタントで設定を一度選択し(個人的な好みに応じて)、その後はその設定をそのままにしておきます。

💬

新しい画像、ビデオ、テキストがスライドショーに挿入されると、同じアニメーション設定が適用されます。

アニメーションのスピード

まず、このスライダーでアニメーションの速度を選択する必要があります。

💬

アニメーションの速度は、速いものよりも、かなり遅いものの方がプロフェッショナルに見えることがほとんどです。パン&ズームアニメーションは、観客の注意を画像の重要な部分に誘導することで、ストーリーテリングを助けるものです。アニメーションは、それ自体のために派手なギミックとして使用すべきではありません。

水平画像

通常の画像では、ズーム(イン、アウト、交互)が最も理にかなっている。

パノラマ画像

ワイドスクリーンのパノラマ画像は、パン(左または右)が最適です。

チェック 舞台への適合性 パノラマ全体を一度に表示したい場合 - この場合、パンアニメーションは使用できず、画像はステージ上でレターボックス表示されます。

正方形の画像

正方形画像はズーム(拡大、縮小、交互)が可能です。通常、正方形画像では画像の構図が重要なので、「ステージに合わせる」をチェックして画像全体を表示するのが理にかなっています。

垂直画像

垂直画像にはいくつかのオプションがあります。ズーム(拡大、縮小、交互)またはパン(上下)できますが、両方を同時に行うことはできません。ピラーボックス効果(画像の左右に背景色が表示される)を避けたい場合は、「ステージに合わせる」のチェックを外してください。

ビデオレイヤー

ビデオレイヤーはズーム(イン、アウト、交互)できますが、すでにモーションが含まれているので、ほとんどの場合必要ありません。ムービーのアスペクト比がステージのアスペクト比と合わない場合は、"Fit to Stage "をチェックすると良いでしょう。

テキストレイヤー

テキストレイヤーはズーム(拡大、縮小、交互)することができます。長いテキストはスクロールすることもできます。テキストがステージより高い位置にある場合は、従来のスクロール・クレジット・アニメーションのように、上にスクロールします。テキストが一行でステージより幅が広い場合は、右から左にスクロールされ、「ストックティッカー」効果が生まれます。

ご意見・ご感想

FotoMagico™のこの機能についてのご感想をお聞かせください。